CHECKこのサイトはテスト公開中です!

CHECKこのサイトはテスト公開中です!

CHECKこのサイトはテスト公開中です!

CHECKこのサイトはテスト公開中です!

CHECKこのサイトはテスト公開中です!

準永久欠番扱いの背番号について

藤井将雄/「炎の中継ぎ」として活躍し、1999年、当時のパ・リーグ最多ホールド記録を樹立。福岡移転後のリーグ初優勝および日本一の原動力となる。日本シリーズ中に胸部の痛みを訴え、入退院を繰り返しつつも復活を期して二軍で調整していたが、2000年10月13日、チームのV2を見届けたのち、肺癌のために逝去。享年31。 2001年以降、15番は欠番となっている。
背番号15
福岡ヤフオク!ドームのロッカールームには、藤井が入院した頃から背中に「FUJII」「15」と手書きされたハリーホーク人形が置かれている。「藤井ハリー」と呼ばれるこの人形は、優勝が近づくとベンチに置かれ、胴上げにも毎回加わっている。この藤井ハリーはチームがダイエーからソフトバンクに移行した後もユニフォームを着替えてロッカーに飾られていたが、2014年10月現在、藤井の遺族の手元にあり球場のロッカーには藤井のユニフォーム等が飾られている。
藤井の背番号15にちなみ、ヤフオク!ドームの15番通路は「藤井ゲート」と呼ばれ、記念プレートと藤井の最後のメッセージ(個人ホームページに掲載された「皆様へ」で始まるメッセージ)が入口に掲げられている。
2001年以降、ダイエー・ソフトバンクを通じて背番号15をつけた選手はおらず、球団は将来的に永久欠番に制定することを示唆している。また、ホークス公式ファンクラブ「クラブホークス」から配布・販売されている選手ピンバッジと同じデザインの藤井のピンバッジが毎年数量限定で配布されている。(ウィキペディアより)

ダミーバナー

ダミーバナー

がんばれホークス!過去の記事

ソニーストア

page top